第5回ワークショップを開催しました!

2015年6月8日(月)

「インテンシティの高いサッカーを実践出来ているか」

指導に関わると、選手たちにもっと勝ちに拘ってもらいたいし、ピッチ上でもっと強く闘って欲しいと思うが、さてどうしたら良いかと、少なからず悩みを持たれることと思います。

海外の育成現場を実際に目の当たりにしたり、話を聞くと、その“プレーインテンシティ”の違いに、そもそも文化やメンタリティが民族からして違うということも思わされます。

現場で実践できる、フィジカル面、またメンタル面からのアプローチの参考となる手法をいろいろと伺うことが出来ましたが、一方で選手の過負荷、怪我の発生など、疲労度の把握、コントロールに難しさがあることも共有されました。

監督、コーチが一緒に闘う姿勢を持ち、試行錯誤を続けていくことが大切だということを、改めて感じさせられたワークショップでした。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

150608

150608

150608