カテゴリー: チャンピオンシップ

「U-11チャンピオンシップ2020」宮城県女川町での開催を決定! 全国31都道府県リーグの代表チームが集結、日本一を競う!

ジュニア年代における国内最大規模のサッカー年間リーグを行っているプレミアリーグU-11実行委員会(委員長 幸野 健一)と宮城県女川町(町長 須田 善明)は、31都県の代表が一同に集う「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020」を令和2年4月1日(水)、2日(木)、3日(金)の3日間、女川町総合運動公園・町民多目的運動場と町民第二多目的運動場にて、共催することを決定いたしました。

女川町でのU-11年代の最高峰の大会開催へ

これまで、U-11年代の1年間をかけたリーグ戦の年間チャンピオンが一同に集う全国大会として、千葉県市川市にて開催してまいりましたが、開催都道府県の拡大に合わせ、U-11年代の国内最高峰の大会として宮城県女川町での開催へ移行することになりました。

東日本大震災からの復興を目指す被災地での開催は、約1,000名 の選手、スタッフ、その家族等の被災地訪問により、11歳という幼い選手たちに改めて8年前の自然災害の教 訓に思いを寄せる機会を、また被災地域の住民には子供たちの明るい笑顔により復興への誓いを新たにできる機会を提供いたします。

右:プレミアリーグ宮城U-11 実行委員 隅田 翔
中央:女川町長 須田 善明 様
左:プレミアリーグU-11 実行委員長 幸野 健一

 

女川町長 須田 善明 様 コメント

『アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020』を女川町で開催させていただけることを心より喜んでおります。本大会は幸野委員長を筆頭に、サッカーやスポーツを愛する皆さんが理念と熱量をもって手作りで育まれてきた大会であり、今後、育成年代が各地のリーグ戦を経て最初に目指す全国規模の重要な大会として明確に位置づけられることになります。育成年代に対する考え方や大会趣旨に大いに共鳴させていただきながら、競技スポーツ・生涯スポーツのどちらの面でも、参加した若きプレイヤーにとって自身のキャリアに「女川」という場所での経験がポジティブなものとして刻まれるよう、開催地としてしっかりお支えし、盛り上げていけるよう取り組んでまいります。

プレミアリーグU-11 実行委員長 幸野 健一 コメント

31都道府県の代表が集まるチャンピオンシップを女川町で開催する事で、約1000人もの選手、スタッフ、家族が被災地に集まり、その爪痕を改めて体験することにより、自然災害の教訓に思いを寄せる機会を、また被災地域の住民の方達には明るい子供たちの笑顔を届けると共に、1000人もの宿泊といった経済的な効果も期待されます。東北初の全国大会がこの女川町で定着することによって、4種年代では、「U-12は鹿児島を目指し、U-11は宮城を目指す」といったスローガンが定着するように私たちが頑張って育てていきたいと考えています。サッカー界がこういうことができることを日本の多くの方たちに知っていただくことで、サッカーが、スポーツが日本の中で文化になっていくことを信じています。

 

大会概要

  • 大会名:アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020
  • 主催:プレミアリーグU-11実行委員会
  • 共催:女川町、女川町教育委員会
  • 特別協賛:アイリスオーヤマ株式会社
  • 期日:令和2年4月1日(水) 〜4月3日(金)
  • 会場:女川町総合運動公園 町民多目的運動場および町民第二多目的運動場(宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原190)
  • 参加チーム数:31都道府県代表チームおよび杭州緑城足球倶楽部(中国)の計32チーム

栃木SC U-12が初優勝、延長戦で前年王者のFCパーシモンに逆転勝利!

3月31日(日)、「アイリスオーヤマ第4回プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019」の決勝ラウンドが行われ、決勝戦では、前年優勝の神奈川県代表・FCパーシモンと栃木県代表・栃木SC U-12が対戦、延長戦の末、栃木SCが逆転勝利し、初優勝を飾りました。

優勝の栃木SC U-12は、8月に開催される“U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジ 2019”本大会へ、プレミアリーグU-11を代表として出場いたします。

 

決勝戦
vs

結果

クラブ1st2nd3rd
FCパーシモン1001(0)
栃木SC0011(1)
1位トーナメント
大会結果

優勝


優 勝 栃木SC U-12(栃木県)

準優勝 FCパーシモン(神奈川県)

第3位 八尾大正フットボールクラブ(大阪府)

第4位 Honda FC(静岡県)

最優秀選手賞 上野 瑛汰(栃木SC U-12)

得点王 斎藤 一馬(Wings U-12) 8得点

      渡邉 颯(バンディッツいわきFC) 8得点

ベストGK賞 佐久間 彪冴(栃木SC U-12)

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019


 

 

「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019」を開催! 優勝チームが「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ 2019」本大会へ出場!

「プレミアリーグU-11」の20都府県の代表が一同に集う「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019」を3月30日(土)と31日(日)の2日間、千葉県市川市の北市川フットボールフィールドと国府台陸上競技場にて開催いたします。

本大会は、大会の優勝チームには、8月に開催される“U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジ 2019”の本大会への出場権が与えられる「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019 プレミアリーグU-11予選」を兼ねています。

 

■ 年間のリーグから世界の最高レベルへ挑戦する国際大会へ

2つの大会に繋がりは、U-11年代の1年間をかけてリーグ戦における各都県の代表チームが、チャンピオンンシップにてしのぎを削り、さらに優勝チームがU-12に進んだ8月に国内外のトップレベルのチームが参加する国際大会に参加できるという、約1年半に渡る育成の環境づくりとなっています。

 

■ U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジについて

  • 小学生年代最高峰の国際大会。昨年開催された2019年大会では、FCバルセロナ・アーセナルFC他海外5クラブに、日本から参加したJリーグクラブ・街クラブ等を加えた計24チームが熱戦を繰り広げました。「プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018」を制し、大会に出場した神奈川県のFCパーシモンは、準々決勝でスペインのFCバルセロナと対戦し、PK戦の末、惜しくも敗れましたが、素晴らしい戦いを繰り広げました。過去6回の大会ではいずれもスペイン勢が優勝を飾っています(FCバルセロナが5回優勝、RCDエスパニョールが1回優勝)。
  • 公式ホームページ http://u12-juniorsoccer-wc.com/

 

 

■ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019・大会概要

大会名 アイリスオーヤマ第4回プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019

兼 U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019 プレミアリーグU-11予選

主催 北市川スポーツクラブ プレミアリーグU-11実行委員会
後援 市川市、株式会社ジェイコム市川
協賛 アイリスオーヤマ株式会社

株式会社ニューバランスジャパン

フットサルショップRODA

協力 株式会社Amazing Sports Lab Japan
期日 2019年3月30日(土)           1次ラウンド

2019年3月31日(日)            決勝ラウンド

会場 北市川フットボールフィールド(千葉県市川市柏井町4丁目294-5)

国府台陸上競技場(千葉県市川市国府台1丁目6-4

参加チーム プレミアリーグU-11開催20都府県代表チーム、前回優勝チーム所属県からもう1チーム、開催地1チームの合計22チーム

>>アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019 大会ページ

大会優秀選手32名発表・FCパーシモンからは最多6名!

プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018の優秀選手が決定しました。

初優勝を果たしたFCパーシモンからの6名を含め、32名が選出されました。

優秀選手は、株式会社Amazing Sports Lab Japanが実施するスペイン遠征の対象選手となります。

優秀選手32名は以下の通りです。

優秀選手賞

▼GK

凌 晴斗(大宮アルディージャ ジュニア)

船間 睦生( 1FC川越水上公園)

横山 颯(松本山雅FC U-12)

長谷川 寛(clubF3)

▼DF

増田 遥希(FCパーシモン)

斉藤 秀輝(大宮アルディージャ ジュニア)

岩田 直紀(レドンドFC)

猪狩 鉄太(柏レイソル U-12)

植木 夏音(アーセナルSS市川)

岩田 琉唯(1FC川越水上公園)

尾崎 永悟(エクセルシオールFC)

高杉 京介(clubF3)

渡部 昊斗(会津サントスFCジュニア)

宇南山 咲太朗(会津サントスFCジュニア)

▼MF

明瀬 未来(FCパーシモン)

村瀬 悠馬(FCパーシモン)

矢越 幹都(FCパーシモン)

河合 季輝(大宮アルディージャ ジュニア)

伊東 怜真(1FC川越水上公園)

萩原 正太郎(松本山雅FC U-12)

知久 陽輝(バディSC世田谷)

立花 圭吾(バディSC世田谷)

奥村 大和(柏レイソル U-12)

津田 涼成(ツエーゲン金沢U-12)

油野 瑛斗(ツエーゲン金沢U-12)

出村 拓郎(ヴァリエンテ富山ジュニア)

▼FW

八田 秀斗(FCパーシモン)

オノボ フランシス 日華(FCパーシモン)

中松 陽太(大宮アルディージャ ジュニア)

中村 圭汰(1FC川越水上公園)

上條 凌央(松本山雅FC U-12)

瀬尾 悠大(会津サントスFCジュニア)

以上、32名

 

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018


【チャンピオンシップ2018】神奈川県代表のFCパーシモンが優勝!!

3月11日(日)に決勝ラウンドが行われ、FCパーシモンが優勝しました。決勝トーナメントの結果は下記の通りです。

決勝トーナメント

優勝


下位トーナメント

大会結果

優 勝 FCパーシモン

準優勝 大宮アルディージャ ジュニア

第3位 1FC川越水上公園

第4位 松本山雅FC

最優秀選手賞 矢越 幹都(FCパーシモン)

得点王 矢越 幹都(FCパーシモン)

    八田 秀斗(FCパーシモン)

ベストGK賞 凌 晴斗(大宮アルディージャ ジュニア)

 

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018


【チャンピオンシップ2018】1次ラウンド試合結果

本日、行われた「プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018」、1次ラウンドの試合結果は下記の通りです。

一次ラウンド

グループA

順位クラブ試合数勝点
132108177
2320137-46
331114314
4300304-40

グループB

順位クラブ試合数勝点
13210173147
23210164127
33102212-103
43003218-160

グループC

順位クラブ試合数勝点
132109187
231115234
3311139-64
4301227-51

グループD

順位クラブ試合数勝点
13300140149
231116514
3311167-14
43003115-140

決勝ラウンド

下位トーナメント

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018


いよいよチャンピオンシップ開幕!16チームが北市川フットボールフィールドに集結

3月10日(土)と11日(日)に北市川フットボールフィールドにて、「プレミアリーグ U-11チャンピオンシップ 2018」が開催されます。

出場チームおよび3月10日(土)に行われる1次ラウンド組み合わせは下記の通りです。

各グループの上位2チームが上位トーナメントに、下位2チームが下位トーナメントに進出となります。

出場チーム

会津サントス (福 島) 初出場
Rafaga C.F. (群 馬) 初出場
古河JSC (茨 城) 初出場
大宮アルディージャ (埼玉①) 3年連続3回目
1FC川越水上公園 (埼玉②) 2回目
柏レイソルU-12 (千 葉) 3年連続3回目
バディサッカークラブ世田谷 (東 京) 初出場
FCパーシモン (神奈川) 初出場
エクセルシオールFC (静 岡) 初出場
松本山雅FC (長 野) 初出場
レドンドFC (山 梨) 初出場
Club F3 (新 潟) 3年連続3回目
ツエーゲン金沢 (石 川) 初出場
ヴァリエンテ富山Jr (富 山) 初出場
キックスFC (長 崎) 2年連続2回目
アーセナルSS市川 (開催地) 3年連続3回目

一次ラウンド

組み合わせ

グループA

順位クラブ試合数勝点
132108177
2320137-46
331114314
4300304-40

グループB

順位クラブ試合数勝点
13210173147
23210164127
33102212-103
43003218-160

グループC

順位クラブ試合数勝点
132109187
231115234
3311139-64
4301227-51

グループD

順位クラブ試合数勝点
13300140149
231116514
3311167-14
43003115-140

日程

3月10日(土) 一次ラウンド

日付対戦カード試合時間・結果記事
FCパーシモン vs Rafaga C.F.
1FC川越水上公園 vs キックスフットボールクラブ
大宮アルディージャ vs 古河JSC
松本山雅FC vs ヴァリエンテ富山Jr
FCパーシモン vs キックスフットボールクラブ
1FC川越水上公園 vs Rafaga C.F.
大宮アルディージャ vs ヴァリエンテ富山Jr
松本山雅FC vs 古河JSC
FCパーシモン vs 1FC川越水上公園
キックスフットボールクラブ vs Rafaga C.F.
大宮アルディージャ vs 松本山雅FC
ヴァリエンテ富山Jr vs 古河JSC
柏レイソル vs 会津サントス
エクセルシオールFC vs レドンドFC
バディSC世田谷 vs アーセナルSS市川
ツエーゲン金沢 vs clubF3
柏レイソル vs レドンドFC
エクセルシオールFC vs 会津サントス
バディSC世田谷 vs clubF3
ツエーゲン金沢 vs アーセナルSS市川
柏レイソル vs エクセルシオールFC
レドンドFC vs 会津サントス
clubF3 vs アーセナルSS市川
バディSC世田谷 vs ツエーゲン金沢

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018 大会ページ

 


「プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018」を開催! 優勝チームに「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ 2018」本大会への参加権を授与!

「プレミアリーグU-11」の14都県の代表が一同に集う「プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018」を3月10日(土)と11日(日)の2日間、千葉県市川市の北市川フットボールフィールドにて開催いたします。

大会の優勝チームには、8月に開催される“U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジ 2018”の本大会への出場権を与えられることが決定いたしました。

また、優秀選手に選出された選手は、株式会社Amazing Sports Lab Japanが主催するスペイン遠征に参加することも決定いたしました。

■ 年間のリーグから世界の最高レベルへ挑戦する国際大会へ

2つの大会に繋がりが出来たことにより、U-11年代の1年間をかけてリーグ戦における各都県の代表チームが、チャンピオンンシップにてしのぎを削り、さらに優勝チームがU-12に進んだ8月に国内外のトップレベルのチームが参加する国際大会に参加できるという、約1年半に渡るストーリーがサッカーの育成環境に誕生することになりました。

■ U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジについて

  • 小学生年代最高峰の国際大会。昨年開催された2017年大会では、FCバルセロナ・アーセナルFC他海外5クラブに、日本から参加したJリーグクラブ・街クラブ等を加えた計24チームが熱戦を繰り広げました。過去5回の大会ではいずれもスペイン勢が優勝を飾っています(FCバルセロナが4回優勝、RCDエスパニョールが1回優勝)。
  • 公式ホームページ http://u12-juniorsoccer-wc.com/

 

■ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018・大会概要

大会名 プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018
主催 プレミアリーグU-11実行委員会
協力 株式会社Amazing Sports Lab Japan
期日 平成30年3月10日(土)           1次ラウンド

平成30年3月11日(日)            決勝ラウンド

会場 北市川フットボールフィールド(千葉県市川市柏井町4丁目294-5)
参加チーム プレミアリーグU-11開催14都県代表チーム、前回優勝チーム所属県からもう1チーム、開催地1チームの合計16チーム

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018 大会ページ

【チャンピオンシップ2017】大会結果:優勝は大宮アルディージャ

 

3月20日(祝・月)に行われた決勝ラウンドの結果、大宮アルディージャがPK戦の末、高部JFCを下し、優勝しました。

決勝トーナメント

優勝


 

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2017 Powered By PUMA

【チャンピオンシップ2017】1次ラウンド試合結果

本日、行われた「プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2017 Powered By PUMA」、1次ラウンドの試合結果は下記の通りです。

1次ラウンド

グループA

順位クラブ試合数勝点
13300161159
2320111386
3310249-53
43003018-180

グループB

順位クラブ試合数勝点
132109187
23201710-36
331114404
4300316-50

グループC

順位クラブ試合数勝点
132107257
231206335
3311156-14
4300307-70

グループD

順位クラブ試合数勝点
133006069
232016336
3310236-33
4300306-60

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2017 Powered By PUMA